小さな会社やお店のWeb・IT活用

動画初心者の方に伝えたい、動画作りを簡単にする3つのコツ

動画作りを簡単にする3つのコツ

2年前に「これからは動画もいいな」と動画の講座に通いました。

何とか講座を修了し、最近はPremiereProよりCanvaやFinalCutProで動画を作っています。

ここしばらくCanvaの記事がよく読まれているようなので、動画作りのコツもお伝えします。

動画作りのコツ① 手ブレを防ぐ

動画の講座に通って言われたことが、「撮影の手振れを防ぐこと」です。

動いている感じを出すための「あえての手振れ」以外では、ブレさせないことが大切と教わりました。

ゼロにできなくても、できるだけ手ブレさせないことが大切です。

プロがよく使う機材で「ジンバル」という、手ぶれを吸収してヌルーっと撮影できる機材はありますが、もっと簡単な機材があります。

まずおすすめは小さな三脚です。

ダイソーやセリアでも売っています。

この動画の撮影に使ったのは、ダイソーで買ったミニ三脚です。

(編集はAdobe Spark Video)

ダイソーの三脚

足を曲げて角度が調整できます。

高さ調整は手持ちの椅子や台で行っていました。

最近はこの三脚を無くしてしまったので、高さ調整をもっと簡単に行いたいと思って、amazonで別の三脚を買いました。

リモコン付きでこの価格ですし、レビューも結構よかったことが決め手です。

まだ使っていないので、使い始めたらまた別の記事で感想をお伝えしたいと思います。

動画作りのコツ② ストーリーを考える

動画を撮る前に、ある程度ストーリーを考えておきます。

最初はどんな出だしにするか。

その動画で一番盛り上がりそうなところ、一番強調したいところは何か。

それを伝えるためにどんな絵(映像)が必要なのか。

私が動画作りで難しかったのは、ストーリー作りです。

何も考えずに撮っていたら、せっかく撮っても、撮った後で編集できない。

または、何が言いたいか分からない動画になってしまいます。

他はともかく、ここだけ伝わったらOK!と思い切るのも最初はいいかもしれません。

いきなり動画を撮ることが難しければ、まずは写真を撮ってスライドショーを作ってみると、ストーリー作りの勉強になります。

動画作りのコツ③ 真似る

真っ白い紙に「好きなもの描いて!」と言われたら、逆に描けなくなることはありませんか。

「好きな野菜を描いて」「嫌いな野菜を描いて」と言われたら描きやすいのに。

ゼロから何かを作ることは難しいので、まずは「こんな動画を作りたい」と思うものを真似るといいです。

自分の技術で、できるだけ似せて作ってみます。

見るだけと、やってみるのでは結構違います。

アプリによっては簡単に効果をかけられるものもあるので、どのアプリやソフトだと、自分が作りたいイメージの動画が作れるのかを知るにも役立ちます。

(完全な模倣は著作権の侵害になりかねませんので、あくまでオマージュとして参考にするのがベストです)

おわりに

初心者向けの動画作りのコツを三つお伝えしました。

私が初心者の頃、手ブレ防止をせず、動画撮影も何も考えずそのまま、作りたいイメージも無い状態でした。

動画講座の先生の言っていることや、周りの上級者たちが、レベルが違いすぎてほとんど何を言っているかも分かりませんでした。

今回お伝えしたのは、そんな私でも「こういうことね!」と理解できたポイントです。

実際に試して動画作りを続けたら、スタートよりはだいぶマシになったと思います。

動画が作れない!と悩む方はぜひお試しください。

最近作った動画は

iphoneSE2で撮影+Canvaで編集

iPhoneSE2で撮影+Final Cut Proで編集