趣味の歴史&写真

福岡県築上郡上毛町の吉富神社に行ってきました 2021春

福岡県上毛町の吉富神社に行ってきました

中津に行く途中に、つつじがとても綺麗に咲いている神社がありました。

福岡県と大分県の県境、福岡県上毛町の吉富神社でした。

吉富神社沿革

福岡県上毛町の吉富神社

吉富神社沿革

福岡県築上郡成恒六六六六番地鎮座
祭神
天照皇大神 素戔嗚尊
高龗神 闇龗神
大山祇神 豊受毘貴神
武甕槌神 水波能貴神
大己貴神 少彦名神
事代主神 応神天皇
仁徳天皇 菅原道真

社伝

源平の?兵火に罷りしを緒方城主緒方惟栄の一挨某 文治三年正月元旦神託により 社殿を開く天正十六年三月 黒田氏の兵火に罷り消失爾来成恒緒方安雲にて祭祀を執行する云々。元成恒若八幡神社へして古来今の吉富神社所在地。此の地方は宇佐神宮の神領であったと伝えられるところにより宇佐八幡を勧請し若宮八幡と称し仁徳天皇を祭ったとしたものである。

合祀明治四十三年十月: 合祀合霊済

若八幡神社 大字成恒村社
三神社 大字尻高村社
貴船神社 大字矢方村社
若八幡神社 大字緒方村社
若八幡神社 大字安曇村社
貴船神社 大字大瀬村社
貴船神社 大字八ッ波村社


改修工事 – 昭和五十年十二月 昭和五十三年十月完成
社殿改修·境内整備·参道拡巾 昭和五十五年四月建之

神社の写真

子供が「公園がある!行きたい!」というので立ち寄ってみました。

遠くから見ても、つつじが咲き誇り、公民館と遊具がある、明るい場所でした。

鳥居があるので、神社なのかとは思いました。

福岡県上毛町の吉富神社

綺麗な社殿と、歴史を感じる狛犬が印象的です。

とても綺麗に手入れされた神社です。

福岡県上毛町の吉富神社の狛犬とつつじ
福岡県上毛町の吉富神社の狛犬とつつじ

なんだか愛嬌のある狛犬の表情でした。

福岡県上毛町の吉富神社

道路側の鳥居も歴史を感じます。

鳥居が他にも複数ありました。

合祀される前の、もともとの神社のものでしょうか。

豊後の武将、緒方惟栄 ( おがたこれよし)がこの神社の社殿を開いたと、社伝に書かれていましたが、この神社の成り立ちは更に古いということが読めます。

緒方惟栄は豊後大神氏。

豊後大神氏の勢力範囲はこのあたりにも及んでいた?

緒方惟栄とは
尾形(緒方) 三郎 惟栄(おがた さぶろう これよし、生没年不詳)は、平安時代末期、鎌倉時代初期の武将。豊後国大野郡緒方荘(現在の大分県豊後大野市緒方地区)を領した。通称は三郎。諱は惟義、惟能とも。祖母岳大明神の神裔という大三輪伝説がある大神惟基の子孫で、臼杵惟隆の弟。

Wikipediaより
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B7%92%E6%96%B9%E6%83%9F%E6%A0%84
 

もともとの神社(成恒若八幡神社?宇佐神宮の神領)

源平合戦で被害を受ける。緒方惟栄が神託によって社殿を開く

黒田氏によって焼かれる

社伝からはこう読めます。

もしかしたら今後他の情報も出てくるかもしれませんので、その時は追記します。

吉富神社で奉納される「成恒神楽」

明治に始まり、昭和初期に一旦途絶えていた「成恒神楽」が約40年ぶりに復活したそうです。

上毛町の吉富神社のアクセス

〒871-0901 福岡県築上郡上毛町