趣味の歴史&写真

豊前市上川底・貴船神社に行ってきました 2021春

豊前市上川底・貴船神社

ナビの目的地を間違えたのか、思わぬ場所に辿り着きました。

ちょうど藤の花が咲き出していた、轟フジ農村公園のあたりです。

轟フジ農村公園

佐井川のほとりです。

求菩提山キャンプ場付近の、岩岳川の河川プールは知っていたけど、ここは知りませんでした。

川遊びできそうでした。

その近くに、ひときわ目を惹く大木がありました。

豊前市上川底・貴船神社

二種類の木が、ハートの形になっているように見えました。

豊前市上川底・貴船神社

神社の下側に駐車場があり、そこから見上げる神社はまた違った景色です。

左手に見える建物は舞台のようでした。

ネットで色々調べてみたら、「大村神楽講」が奉納されていた舞台のようでした。

大村神楽講とは
京築地方に伝わる神楽は、天台宗修験道の影響の湯立や、豊前修験道の松会行事である幣切りが神楽の演目として取り入れられている。大富神社では江戸時代以前から神楽が奉納されていることが伝えられている。また江戸時代に入ると祭礼などの際に社家により奉納されていたことが文献資料によって明らかになっている。大村神楽講が伝承している祝詞によると、湯立は熱湯を浴びたり、火を踏んだりして身の潔白を証明した、古代の神聖裁判に因っているくだりがある。豊前神楽を伝承した神楽講の一つの大村神楽講は、1677(明治10)年頃大富神社の清原宮司が氏子たちに伝えられ成立したといわれている。なお、大富神社には、次のような神楽に関する文献資料がある。「1719(享保4年)岩戸神楽帳、1750(寛延3)年山田宮宝剣治国神楽諸銘記、1791(寛政3年)宝剣治国神楽番組、(年次不詳)宝剣治国神楽由来、(年次不詳)神楽解説、(年次不詳)神楽秘伝書」。

ふくおか民俗芸能ライブラリーより
http://www.fsg.pref.fukuoka.jp/e_mingei/detail.asp?id=15-10
 
 

大富神社はこの貴船神社とは結構離れている気がしますが、貴船神社で奉納する何か意味があったのでしょうか。

また、大村神楽は他にも豊前市今市の事代主神社でも奉納されているようです。

国譲り神話の主役、事代主之命の名を冠する神社でもともと大和の神であったといいます。神話の世界に遊ぶ神楽と意味深いものを感じます

https://www.city.buzen.lg.jp/kanko/miru/kagura2010/kotoshironushi1204.html
豊前市ホームページより引用
 
 

大富神社の祭神はもともと宗像大神(田心姫・湍津姫・市杵島姫)、貴船神社の祭神は高龗神(たかおかみのかみ)、事代主神社の祭神は事代主です。

何かの関連があって神楽が行われているのか、それとも関わりは特にないのか、はっきりした情報がネットでは見当たりませんでした。

豊前市上川底・貴船神社

神社内には歴史がありそうな祠も並びます。

豊前市上川底・貴船神社

古い神額のようです。

途中まで土に埋められていました。

豊前市上川底・前田金治郎君之碑

神社のそばには「前田金治郎君之碑」も。

ネットで調べても情報が見当たらなかったのですが、いつか分かったら追記したいです。

豊前市上川底・貴船神社のアクセスは

貴船神社
〒828-0077 福岡県豊前市上川底

もしナビで貴船神社が出なければ、轟フジ農村公園を目印にしてもいいと思います。

豊前・轟フジ農村公園

轟フジ農村公園
〒828-0077 福岡県豊前市上川底 県道2号線

 

スポンサーリンク