初心者登山メモ

モンベルのアルパインサーモボトルで初めての登山カップヌードル

モンベルのアルパインサーモボトルで初・登山カップラーメン

登山を始めて2年目です。

日帰りの低山登山ばかりで、山頂でお弁当を食べたり、朝に出て昼ごろ下山したら、そのままラーメン屋さんに行ったりしていました。

それが徐々に「山ごはん」が気になってきました。

でもバーナーを持って行くのはまだ敷居が高いと思っていたら、ネットで読んで「山で食べるカップヌードルは、なぜあれほど美味しいのだろう」という一文が、刺さりました。

私も山でカップヌードルが食べたい…!

どうしたらいいのだろう?とネットで調べたら、お湯を持っていけばいいだけとありました。

ただしボトルは保温機能がよい「山専用がおすすめ」とのことでした。

ネットで調べた山専用ボトルは二種類

ネットで調べたら、登山用のボトルは二種類ありました。

  • サーモスの山専ボトル
  • モンベルのアルパインサーモボトル

ざっと調べてみたら、機能や重さはほぼ変わらず。

価格もサーモスは定価だと高いけど、値引きされて販売されていることが多いらしく、どちらも大きな差は無いようでした。

モンベルのアルパインサーモボトルは、amazonより公式サイトの販売価格の方が安かったです。(定価)

モンベルのアルパインサーモボトル

私が買ったのは、モンベルのアルパインサーモボトル500mlです。

何故ならモンベルの年間会員なので、送料が無料だったから。

山登り前に準備

今回は幼稚園児の子供一人と私との二人ハイキングでした。

スープは飲みきらなければいけないから、私が普通サイズ、子供はミニサイズのカップヌードルにしました。

必要なお湯の量は、普通サイズが約300ccミニサイズが170ccと公式サイトに出ていました。

購入したボトルの容量で間に合います。

準備するものをまとめると

  • カップヌードル(普通サイズ・ミニサイズ)
  • はしまたはフォーク2人分
  • 密閉できるゴミ袋(ジップロック)
  • アルパインサーモボトルに熱湯500ml

忘れやすいと思ったのが、はしやフォークです。

重いものでもないし、リュックに常備しておいてもいいかもと思いました。

実食

この日は、下の子が初めての登山デビュー。

モンベルのラップランドブーツ

上の子のおさがりのモンベルラップランドブーツです。

私は大人用のラップランドブーツ。

最後のほうで「しんどいー」と言っていましたが、なんとか頂上手前のビジターセンター付近のテーブルまでたどり着きました。

モンベルのアルパインサーモボトル

いよいよアルパインサーモボトルの出番です。

モンベルのアルパインサーモボトルで初・登山カップラーメン

線まで注いで、少しお湯が余る程度でした。

お湯は熱々に見えました。

注いで3分弱。

モンベルのアルパインサーモボトルで初・登山カップラーメン

さすがの保温力です。

ぬるくない、程よい熱さのカップヌードルに仕上がりました。

親子で「美味しい〜」と言いながら、スープまで完食しました。

おにぎりも持って行ったので、満足です。

おわりに

「バーナーを持っていくまではいいけど、山で温かいものが食べたい」

アルパインサーモボトル&カップヌードルは、その欲求を充分満たしてくれました。

ボトルは山だけでなく、普段にも使えるし、この冬はずっと大活躍してくれました。

↑2021年の春のハイキング動画でもカップヌードルが登場。
 シーフードが一番スープを飲みやすい気がしております。

この記事を読んでいる方におすすめの記事