Webkoblog
ウェブコブログ
佐賀県の旅とグルメ

佐賀・古湯温泉の民宿「幸屋(ゆきや)」さんに子連れで泊まりました

佐賀・古湯温泉の民宿「幸屋(ゆきや)」さんに子連れで泊まりました

佐賀県富士町の温泉、古湯温泉(ふるゆおんせん)。

耳にしたことはありましたが、訪れるのは初めての温泉地でした。

古湯温泉とは

古湯温泉は、佐賀駅の北方20km、標高200mの山峡にあって、昭和41年7月、厚生省から、「古湯・熊の川温泉郷」として、国民保養温泉地の指定を受けている。
泉暦も古く、画家の青木繁やアララギ派の総帥として、日本歌壇の最高峰といわれた歌人の齋藤茂吉ら諸先生の曽遊の地として知られている。
「いで湯のいわれ書き」という古文書によると、人皇七代孝霊天皇の72年、中国の「徐福」が、奏の始皇帝の命を受け、不老長寿の霊薬を求めて、佐賀郡諸富町寺井津浮盃に上陸し、金立山に辿り着き、北山の翁として、浮世を忘れて暮らしているうち、或る日、「湯の神」が現われ、翁にむかって「この山中の西北あたりに、黄金の霊が湯となって湧出するところがある。必ず行ってその源をうがち、これを広めて多くの人を救われよ。」と告げて雨雲をかきわけて消え去った。

ふるくま 古湯・熊の川温泉郷
https://www.fuji-spa.com/about/
 

古湯温泉は、歴史ある温泉地のようです。

「いで湯のいわれ書き」という古文書には、「徐福」のことが書かれていたともありますね。

古湯温泉の隣の熊の川温泉も歴史が古いようで「熊の川温泉は、大同元年(806年)僧空海が唐から帰国、全国行脚の途中弘仁12年(821年)この地を訪れ、水鳥の水浴するを見て、温泉を発見した」とも説明があります。

やはり古くからの温泉地ということでしょうか。

古湯温泉の写真

佐賀・古湯温泉の街並み
佐賀・古湯温泉の街並み

川がすぐ近くにあり、散歩にちょうど良かったです。

佐賀・古湯温泉の街並み
佐賀・古湯温泉の街並み

古湯温泉街には宿が集まっていました。

泊まった幸屋さんもその一つでした。

古湯温泉の足湯

足湯スペースや

古湯温泉の公衆浴場

古湯源泉 英龍温泉
地元の人に昔から親しまれてきた大衆浴場、英龍温泉。
かねてから要望の多かった貸切風呂を二部屋ご用意!
利用料金は60分大人2名”大”で1740円 ”小”で1240円です。
旧古湯温泉館を”古湯源泉”英龍温泉と古湯温泉館が 建てられる前まで使用していた名称に変更。

ふるくま 古湯・熊の川温泉郷
https://www.fuji-spa.com/oyado/furuyu/eiryuu/
 

公衆浴場もですが、町全体がリノベーションされたのか、統一感がありましたね。

静かでこじんまりとした、由布院のような印象です。

徒歩でのんびり散策できます。

古湯温泉内のカフェ

カフェ「ゆっかい食堂」
地元の人をはじめ、旅行や観光で古湯を訪れた人が気軽に立ち寄り、佐賀のことや古湯のこと、また旅の思い出などを話せる憩いの場です。
周辺の情報提供やお土産の販売ほか、地元の人とお客様が一緒になって行う参加型の催しを開催し、「人と人の出会い」や「新しいコトや面白いコト」が生まれる賑やかで愉快なカフェを目指します。

SAFA FURUYU CAMP
https://sf-camp.com/cafe/
 

新しいスポーツ宿泊施設の中にはカフェもありました。

古湯温泉内のカフェ

Chez Heidiシェ・ハイジ
https://www.facebook.com/chezheidi2018/?ref=page_internal

気になるイタリアンデリとフランス菓子のお店も。

食事とお酒が美味しい宿

佐賀・古湯温泉の民宿「幸屋(ゆきや)」さんに子連れで泊まりました

幸屋さんは一泊二食、幼稚園児と小学生の子供と親二人、計四人で泊まりました。

ゆったりとした和室で過ごせて、朝夕とも部屋食です。

夕食がほとんど撮れなくて残念でしたが、味も素材もとても良かった。

辛口になりがちな、Googleや楽天のレビューで高評価なのが頷けます。

幸屋さんで佐賀の地酒の飲み比べセット

そして、佐賀の地酒の飲み比べセットもよかった。

古伊万里酒造の純米酒「前(さき)」、光武酒造の純米原酒「光武」、天山酒造の純米吟醸酒「七田」です。

佐賀は米どころだからか、蔵本さんが多い気がします。

とても気に入った「前(さき)」を単品でお代わりして…この日はつい飲んでしまいました。

夕食の最後の方で出された茄子の田楽とも合って。

佐賀・古湯温泉の民宿「幸屋(ゆきや)」さんの朝食

朝食も部屋でいただきました。

お米もとても美味しかった。

このあたりで採れたお米のようでした。

佐賀・古湯温泉の民宿「幸屋(ゆきや)」さんの朝食

おからが苦手な夫が「うまいうまい」と言って食べていました。

おからは炊くのが難しくて、私は作りきれません。

お風呂やトイレ

お風呂はポリタイプの浴槽でしたが、結構な大きさで、ゆったり入れました。

男女で分けられていたのですが、その日泊まったお客さんと、かぶらないように、家族湯感覚で入らせてもらえました。

トイレや洗面所は共同だったものの、綺麗に掃除されていましたし、子供たちも自分でトイレに行くことができたので、私たちは不便を感じず過ごせました。

まとめ

Googleと楽天の高評価は正しかった。

とても満足度が高い宿でした。

それに車であれば高速道路のインターから離れ過ぎていないので、北九州からは行きやすい距離です。

美味しい食事、居心地のよさに、女将さんのおもてなしが温かく、また行きたい、特に連泊したい宿の一つになりました。

楽天でこの宿の情報を見る

幸屋さんの情報

〒840-0501 佐賀県佐賀市富士町大字古湯845
http://www.facebook.com/furuyu.yukiya/

この記事を読んでいる方におすすめの記事

スポンサーリンク