佐賀県の旅とグルメ

佐賀・唐津旅行のお土産に「びんつけや茶舗」さんのからつ茶がおすすめです

佐賀県唐津市のお茶屋さん「びんつけや茶舗」

以前、唐津旅行の終わりに、唐津市のお茶屋さんに行きました。

「びんつけや茶舗」さんです。

そこで買ったお茶がとても美味しかったので、お伝えします。

からつ茶とは

九州に住んでから、佐賀が日本茶の発祥地であることを知りました。

現在の日本茶をもたらしたのは、臨済宗の開祖「栄西禅師」とされ、現在から約800年前の西暦1191年、佐賀県脊振村にある霊仙寺(りょうせんじ)内石上坊の庭に、日本で始めて蒔いたとされています。
宋(現在の中国)で修行を終えた栄西は、多くの経典と一緒に薬草として茶を育てようと、種を持ち帰り育てる場所を探しました。
佐賀県と福岡県の県境に連なる脊振山には、中国の山並みを思わせる眺望の素晴らしさがあり、茶と同じツバキ科の仲間で、国の天然記念物に指定された「千石山サザンカ自生北限地帯」※であることも、宋から持ち帰った大切な茶種を蒔くのにふさわしい場所として選んだ理由と思われます。
※指定日:昭和32年7月2日

JAさが
https://jasaga.or.jp/agriculture/nousanbutsu/eisaicha
 

佐賀だけでなく、九州内は福岡県八女茶、鹿児島知覧茶と、緑茶の産地です。

緑茶をよく飲むようになったのは、インフルエンザになりたくないとの思いからです。

それが、美味しさにすっかりはまりこんでしまいました。

以来、訪れる場所で「緑茶」が生産されていると、自分や家族のためにと買うようになりました。

からつ茶は、唐津旅行をしてから初めて知りました。

佐賀県でも有数のお茶の産地である唐津地区。温暖な気候と恵まれた自然の中で、苦みと旨みのバランスが良く、しっかりとした風味を持つ“上級煎茶”と、 すっきりとした香りとさっぱりとした味わいが楽しめる“ぐり茶”(玉緑茶)といった2種類の”からつ茶”が栽培されている。これらのからつ茶の栽培には、県の特別栽培認可が必要で、生産者のからつ茶栽培履歴の保存など、徹底した品質管理が行われており、消費者が「安全・安心」なからつ茶が楽しめるように努めている。

旅ぐるたび
https://gurutabi.gnavi.co.jp/i/i_5022/
 

温暖な気候と恵まれた自然のなかで栽培されているからつ茶。

JAからつ管内は佐賀県有数の“お茶処”です。
県内では嬉野に次いで第2位の生産地で北波多・唐川・七山地区で生産・加工された原料は県内外へ出荷されています。
北波多地区には生産・加工・販売を一元化した日本有数の処理能力を誇る大型製茶工場があります。
唐川・七山地区では「玉緑茶」の製造・販売を行っています。

JAからつ
https://www.ja-karatsu.or.jp/product/agricultural_p.php
 

佐賀県内では嬉野茶の次ぎ、第二位の生産地でもあります。

JAからつのホームページから、からつ茶の種類は

  • 玉緑茶(たまりょくちゃ)
    渋みが少なく、まろやかな味わいが特徴です。
    主に九州北部から中部でつくられています。
  • 煎茶(せんちゃ)
    渋み、旨みなどバランスのとれた味わいが特徴です。
    国内でも、代表的な茶葉になります。
  • 白折茶(しらおれちゃ)
    茎茶(くきちゃ)とも呼ばれています。
    独特のさわやかな香りと甘みが特徴です。
  • 玄米茶(げんまいちゃ)
    炊り米の香ばしさと、さっぱりとした茶葉の味わいが特徴です。

様々なコンテストでも受賞している、美味しさに定評のあるお茶のようですね。

唐津旅行のラストに、唐津のお茶屋さん「びんつけや茶舗」さんへ

からつキャッスルに泊まった翌日に、近くでお茶屋さんが無いか探しました。

2店舗ほど見つけて、Googleのレビューに惹かれて立ち寄ったのが、びんつけや茶舗さんです。

創業400年のお店です。

元々は、びんつけ油を扱っていたお店が、明治時代になって日本茶を取り扱うようになったようです。

佐賀県唐津市のお茶屋さん「びんつけや茶舗」

街中にあるお店です。

佐賀県唐津市のお茶屋さん「びんつけや茶舗」で買ったからつ茶

接客してくれたのは、女性の方でした。

女将さんでしょうか。

「からつ茶の、一番美味しいお茶をください」とお伝えしたら、「一番ならこれです!」と自信を持っておすすめしてくれたお茶が左の朱色の「さえみどり」です。

家庭用のおすすめは、右側の「白折」。

子供たちにも飲ませたかったので、オリジナルの上ほうじ茶「もえぎ」も買いました。

美味しいお茶の入れ方も教わって、北九州へ帰りました。

からつ茶の感想

佐賀県唐津市のお茶屋さん「びんつけや茶舗」で買ったからつ茶「さえみどり」

朱色のパッケージの中には白い紙袋、その中に緑茶が入っていました。

(朱色のパッケージの右下側のシミは、私が濡らしてしまった跡です)

ニトリの急須でからつ茶をいれる

急須でいれます。

沸騰したお湯を湯呑みに注ぎ、湯呑みのお湯を急須にそっと入れます。

そして90秒タイマー。

我が家のタイマーはアレクサです。

からつ茶

びんつけや茶舗の女将さんイチオシのからつ茶「さえみどり」。

普段飲んでいる緑茶と味が違う!と思いました。

旨味がすごい。

普段使いのお茶と金額が違うとは言っても、1袋で結構な回数を飲むことができます。

この味は忘れられないので、唐津に行った時は買いたいですね。

そしてこの「上ほうじ茶 もえぎ」も美味しかった。

幼稚園児と小学生の子供も、「苦くない、美味しい」と飲んでいました。

大人が飲んでも、美味しいほうじ茶でした。

通園・通学時のお茶は、しばらくこのお茶でした。

飲み切ってしまったので、これもまた買いたいです。

普段用の「白折」は最近飲み始めましたが、さっぱり美味しい緑茶でしたよ。

びんつけや茶舗さんへの情報・アクセス

http://bintsukeya.jp/
〒847-0055 佐賀県唐津市刀町1516

※駐車場はお店の隣の「まいづる刀町駐車場」を利用しました。

この記事を読んでいる方におすすめの記事