Webkoblog
ウェブコブログ
小さな会社やお店のWeb・IT活用

ブロガーにはCanvaとAdobeCC、どちらがおすすめ?

ブロガーにはCanava?AdobeCC?

ホームページ作ったり、使い方をサポートする、町の小さなWeb屋を約10年やってきました。

その後、ブログ・ライター業をメインに仕事内容を変えていく時に、AdobeのCCの更新日が迫ってきました。

そこでふと悩みます。

「Web屋時代にはAdobeは必要だった。でもブロガーやライターに、AdobeCCは必要なのか、Canvaだけでもいいのでは?」

ブロガーなら、必要なサービスはAdobeCCか、Canvaのどちらなのか。

Adobe Creative Cloudとは
Adobe Creative Cloudとは、アドビが開発している、グラフィックデザイン及び動画編集、ウェブデザインのアプリケーションソフトウェアをサブスクリプション方式で利用できるサービス、及びそれに属するソフトウェア群とクラウドサービスを指す。略称は CC。

https://ja.wikipedia.org/wiki/Adobe_Creative_Cloud
ウィキペディアより引用

Canvaとは
Canvaは、ソーシャルメディアグラフィック、プレゼンテーション、ポスター、ドキュメント、その他のビジュアルコンテンツを作成するために使用されるグラフィックデザインプラットフォームです。このアプリには、ユーザーが使用するためのテンプレートが含まれています。

https://en.wikipedia.org/wiki/Canva
ウィキペディア(英語)より引用

Web屋ならAdobeCCだった

Adobeのソフトは、約10年使ってきました。

Webデザインと言っても、ホームページをどこまで作るか、どのように作るかによっては、AdobeCCがいらないこともありました。

でもお客様が持っているファイル(ロゴのデータが多い)が、Adobeのソフトじゃないと扱えないことがあったり、デザインの勉強のために、AdobeCCを持っていた方が都合がよかったこともありました。

それにデジハリのアカデミック版で購入していたので、多少価格の変動はあったけど、だいたい40000円弱で購入できていました。(年払い)

Web屋の途中で動画広告講座にも半年ほど通い、その間はPremiereProやAffterEffectsも使っていたので、元は取れていたように思います。

Adobeマスター講座 [ソフト付属]

しかし、ブログ・ライターメインの今は、Adobeのソフトでないと無理な場合がほぼありません。

CanvaProプランと比較

私が利用しているのは、CanvaのProプランです。

月額1000円なので、負担が少ない金額だと思います。

このProプランと、AdobeCCを比較した感想をお伝えしていきます。

ブログのバナーはCanvaがラク・素材が充実

自分のブログに、依頼された記事のヘッダー画像(アイキャッチ画像)と、バナーをよく作ります。

ブロガーにはCanava?AdobeCC?

この画像もCanvaで作りました。

ブロガーにはCanava?AdobeCC?

色を変えるのも簡単ですし、画像の中で使われている色が自動で表示されるようになったので、便利です。

使える写真素材やイラスト素材もどんどん増えているようです。

Proプランにすると、かなりの量の素材が使えるようになります。

動画作成もCanvaで

動画広告講座に通って分かったのですが、動画のクオリティを上げようと思えば、機材にコストがかかります。

フルサイズの一眼レフに、レンズを組み合わせ、大容量の動画を保存するストレージに、4K動画を処理するマシン…

それにAdobeの動画編集ソフトまたは、さらに上位のソフトと。

もちろんそれらの機材を使って、作られる動画は本当に目を引くものが多いし、コストをかけることができたら、いい機材を持ちたいものです。

しかし、機材を持ったところで、自分の技術とセンスでは、プロの動画クリエイターと同じ動画を作れる気がしません。

自分ができることは、スピーディーに、分かりやすくまとめることぐらい。

それでiPhoneで撮影したものを、Canvaで編集するようになりました。

手持ちのiPhoneで撮った動画を、Canvaで編集しました。

スライドショーを作る感覚で、簡単に作れるのがいいと思いました。

こちらはSONYのコンパクトデジタルカメラRX100M7(YouTuberにも人気)で撮影して、AdobeのPremiereProで編集した動画です。

Canvaで作った画像と比べると、綺麗なのかもしれませんが、手間はかかりました。

4K動画を扱い、色も調整しているので、PremiereProで編集しているとき、mac book proでも動作がものすごく不安定になりました。

いつかもっと余裕ができたり、動画をもっと頑張りたいと思った時まではCanvaで十分と思っています。

ブログは写真の加工がメイン – GooglePhotoの補正機能で十分

ブログで写真もよく使います。

Google補正前、補正後

最近はGoogleフォトだけで補正しています。

Photoshopで補正しなくても、そこそこ綺麗になってくれます。

ブログやSNSでは十分。

今のところCanvaで問題なし

今自分がしているブログの範囲なら、Canvaでほぼ問題ありません。

あえて挙げるなら、ロゴを以前イラストレーターで作っているので、それを編集することがあれば、Illustratorが欲しいこと。

写真でRAWファイルを扱うことがあれば、Photoshopが欲しいこと。

上記の2点であれば、AdobeCCではなく、PhotoshopとLightroomが使えるフォトプラン(¥980/月)、Illustrator単体プラン(¥2480/月)を月々プラン月々払い契約で利用したら、CCよりはコストを抑えられそうです。

「月々プラン月々払い契約」は個人のみ契約可能

[購入ガイド] 各種契約プランについて
https://helpx.adobe.com/jp/x-productkb/policy-pricing/your-plan.html

この記事を読んでいる人におすすめの記事

スポンサーリンク