webkoblog
(ウェブコブログ)
Web・ホームページ活用

Macのスリープ機能がおかしい?フリーズを繰り返す現象を解決した方法 / Mac初心者初めてのクリーンインストールメモ

Macを使い出して多分3年目、この数ヶ月、動作が不安定でした。

スリープに入る時、復帰する時、あのカラフルなグルグルが回って、画面真っ黒。

異常が発生したから再起動しましたのテキスト。

ネットで調べて簡単にできそうなことは試しても、症状変わらず。

Macのトラブルが起きたらどんな方法が?

Macをメインで使うのは初めて、今回のようなトラブルも初めてだったからネットを色々調べました。

トラブルが起こった時、多分一番確実で簡単なのはAppleStoreに持ち込むこと。

でも我が家近辺にはAppleStoreはありませんし、特急に乗ってわざわざ行くのも大変。

残るは自力。

自力の場合はどんな方法が一番確実かなぁと調べていったら「いっそのことクリーンインストール」でした。

クリーンインストールって?

Macを買った時の状態に初期化すること。

Macに限らず、Windowsでも使用していたらデータのゴミなどがたま利、不具合が生じやすくなるので、一番最初の状態に戻すことでゴミが無くなってしまう、という仕組みです。

クリーンインストールを実行する前にしたこと

まずはデータのバックアップの確認です。

dropboxを使っているので、データは常時基本クラウドにも保存していたからこれは簡単でした。

(mac book proの内臓ハードディスクの容量が512GBしか無いので、基本データはクラウドで管理)

時間がかかったけどTimeMachineでもMacごとデータのバックアップもしておきました。

その次にOSを最新バージョンに。

(データのバックアップ前に万が一動かなくなったらまずいとデータのバックアップを優先しました)

クリーンインストール

「mac クリーンインストール」で検索したら沢山情報が出てくるので、それを見ながらクリーンインストール作業を行うために、ハードディスクの初期化を行うとしたら、戸惑ったのはハードディスクが二つ現れたこと。

Macintosh HDとMacintosh HD – Data。

このキーワードで検索したらネットで情報が出ていたので両方初期化。

その後、ようやくクリーンインストールが無事完了しました。

クリーンインストール後は?

スリープ異常がすっきり無くなりました。

新品ではなく整備品を購入したから早くに不具合が起こったのだろうかと内心後悔していたのですが、クリーンインストール後は快適にサクサク動いてくれています。

データをクラウドでバックアップしていたおかげでクリーンインストールはそれほど苦にはなりませんでした。

今年はリビングのエアコンが壊れて買いなおしたばかりなので、Macはしばらくもって欲しい。切実。

スポンサーリンク