webkoblog
(ウェブコブログ)
40代の登山

初心者2年目の40代低山登山 / ウェア・装備紹介

初心者2年目40代女 低山登山コーデ

登山どころかアウトドアにも全く興味がなかった40年間を経て、去年趣味の写真撮影をきっかけに山に登ることになり、すっかり低山登山が楽しくなってしまいました。

初めての登山は鬼の石段850段。あれで階段を登るのが気にならなくなりました笑

それから北九州市内の低山をチョコチョコ登った2年目の初心者。

蜂リスクを避けるために黒を徹底的にはずした私のこの秋の登山コーデや装備を紹介します。

2年目登山コーデ・装備

初心者2年目40代女 低山登山コーデ

先日皿倉山に登った時はこの組み合わせ。

皿倉山山頂は風が強いのでアウターを重ね着

休んでいる時に寒くなったのでレインウェアのトップスをウインドブレーカーがわりに着用。

それでは詳しく

初心者40代低山登山・ワークマンプラス フィールドコアの帽子
  • 帽子
    去年に買ったワークマンプラス(グレー)
初心者40代低山登山・コロンビア バックパック キャッスルろっく 20L
  • バックパック
    コロンビア キャッスルロック バックパック 20L
皿倉山ベンチとモンベルの杖
モンベルのグローブ
  • グローブ
    モンベルで買った物だけど商品名がわからない。。
    確かインナーとしても使える手袋だった気が・・・

未経験の時に登山用品は高いと思ったけど

一番最初に求菩提山に登る時に登山用のものを買ったのが

  • インナー(モンベル)
  • 長袖Tシャツ(モンベル キッズ)
  • フリースジャケット(モンベル キッズ)
  • レインウェア(モンベル キッズ)
  • トレッキングシューズ(モンベル)
  • トレッキングポール(モンベル)
  • グローブ(モンベル)

バックパック・帽子は手持ちの物、ストレッチパンツは登山用ではないワークマンプラスのもので代用しました。

後になって登山用のバックパック、ワークマンフィールドコアで帽子、他のウェアを足していきましたけど、思ったことは買ったもので「無駄なもの」は無かったこと。

バックパックが変わった時は劇的に変化を感じました。

こんなにラクなんだー!!って。

私が最初に行ったモンベルのスタッフさんも本当は「これもこれもあった方が初心者にはラクなんだろうけど、いきなり揃えるのは高いもんなぁ・・・」と思いながら勧めてくれていた気がします。

その人は「自分は全くゼロ装備で最初登山したんですよー、めちゃキツかったです!」と言っていました。靴も普通の靴ならそりゃそうだろうなと、今ならわかる。(雨の後、岩場は苔でツルツル)

勧められた時はトレッキングポールまでいるのかなぁ?と思ったけど、自分のレベルではちょっと早かった山に登って降りる時、降りる時の衝撃から守ってくれたから、初心者こそ杖!を実感。

歩いている時に岩場をツンツンしてグラグラ不安定じゃないか確認もポールで行えました。

他のグッズ

救急用のエマージェンシーキット。

↑微妙なレビューもあったけど、ケースの大きさがバックパックの容量に程よかったこともあってこの商品をamazonで購入しました。

それと登山用アプリYAMAP。

あると安心、便利です!

YAMAPは登山計画(ルートや装備品などの記録)を他の人にメールで伝えることができるし、LINEアカウントまたはメールアドレスで連携したらリアルタイムでどこを登っているか追跡もできます。

初心者2年目の40代低山登山 / ウェア・装備紹介 まとめ

山おばさんではなく山レディを目指しつつ、自分が行く山に合わせたウェアがだいぶ揃ってきたように思います。

どんな格好をしようが誰も気にする人はいないと思うのですが、お気に入りのウェアで出かけるのは自分自身の気持ちが上がりますし、蜂を最大限避けたい自分は黒を避けてコーデを考えました

自己満足でもいいではないか、の気持ちで登山をまた楽しみます。

この記事をご覧いただいた皆さんも、お気に入りのウェアが見つかりますように!

この記事を読んでいる方におすすめの記事

スポンサーリンク