webkoblog
(ウェブコブログ)
Web・ホームページ

Canvaで作成編集した動画の事例 2020

Canva動画作成事例

こんにちは、ウェブコブログをご覧いただきありがとうございます。

先日Canvaで動画を作成した感想をアップしたので、今日はCanvaで作った動画の事例をご紹介します。

まずは手持ちの静止画でスライドショーに

すぐ作ることができるよう、まずは手持ちの静止画像(写真)でスライドショーを作りました。

Canvaは今までよく使っていたのですが、基本的に

  1. テンプレートを選ぶ
  2. 文字を入れ替える
  3. フォントや色、位置を調整
  4. 出来上がったらファイル形式を選んで保存

この流れで作成します。

いつも写真を入れていたところに、画像を入れるのか、動画を入れるかの違いですね。

作成事例1:旅動画

先月行った国宝臼杵石仏を見に行った旅行を石仏メインで。

簡単にブログの概要をスライドショーにしました。

元々Canvaにあった旅動画スライドショーテンプレートを選んで、音楽もそのまま使用。(Proプランでなければ音楽の変更はできません)

色とフォントを変更。

作成事例2:宗像大島の旅動画

宗像大島に行った時の日帰り旅動画。

ブライダル系のスライドショーテンプレートから選んでフォントや色を変更。

作成事例3:Canvaで動画を作った事例紹介

1と2で作った動画を入れ込んで、事例紹介動画も作ってみました。

BGMは全体に1つ使い、1と2の動画は個別に設定して音声をゼロにして消音。

オープニングでパソコンの画面の字が動くのも簡単に設定できました。

また、最後の方のドライブ動画はCanva付属の素材。

Proプランだと使える素材がかなり増えますね。

iPhoneSE2で撮影した動画でVlog風に

作成事例1:お出かけした内容をVlog風に

Vlogが簡単にできて驚きました。

スライドショー作りに慣れている人ならすぐにできそう。

オリジナルの動画はアップロードできるけど、BGMはアップできないCanvaの仕様?アップロードできるところが見当たりませんでした。

Canva付属のBGMでも今のところ十分ではあります。

スライドとスライドのつなぎ目の動きがちょっとぎこちない部分もありますが許容範囲かな。

まとめ

今までPremierePro、InShot、Spark Video、Rushなど色々動画編集ソフトやアプリを触ってきましたが、Canvaはその中でもバランスがいいと感じました。

画質がフルHDあればPCで見てもそこそこ画質はいいし、BGMや素材も揃っていて、動きもある程度コントロールできました。

もちろん細かい設定はできませんが、自動で動く部分も今のトレンドを抑えている感じ。

ただしCanvaをノンデザイナーが使う時に難しいと言っていた、フォントや色の選び方、目的に合ったテンプレートの選び方、この点は変わらず難しいポイントかもしれません。

フォントや色はデザインの基本(それと余白)と言われていますが、私もまだまだ難しい!外した〜と思う時もよくあります。

自分では煮詰まった時は、上手に作ってるとか、いいな!と思う動画で使われているフォントをチェックしてみてくださいね。

私もよく参考にしています。