webkoblog
(ウェブコブログ)
趣味の写真・歴史

求菩提山に登りました後編/国玉神社上宮→求菩提山登山口(親子で低山登山・豊前市)

求菩提山に登りました後編/国玉神社上宮→求菩提山登山口(親子で低山登山・豊前市)

前回の記事が長くなったので、前編と後編に分けて書いています。

鬼の石段を登り切って国玉神社上宮へ

求菩提山国玉神社上宮

鬼の石段850段を登り切って、とうとう国玉神社上宮に到着しました。

求菩提資料館のガイドさん2人に感謝です。

(リュックはちゃんと固定したほうがおすすめです、我が子は敏感すぎる性質で「絶対いやだ」としばらく固定させてくれませんでしたが…)

国玉神社上宮でお参り

ガイドさんが上宮にお参り。

他の登山客…幼稚園ぐらいの男の子もいました。

登山に慣れたご両親のようでしたが、ここまで登ってこれるなんてすごい!

求菩提山頂上

求菩提山の山頂は、麓から見えていたように木が生えていて、眺望はありませんが、巨石や石塔などがたくさんありました。

求菩提信仰の中心となったのが山頂で、累々とした巨石群は神の降臨する場所として神聖視されました。また、辰の口と呼ばれる岩穴からは今も蒸気が見られ、かつてこの山が火山であったことを示しています。

https://www.city.buzen.lg.jp/kanko/shizen/kubote.html
豊前市公式ホームページ
 

求菩提山の頂上からは弥生時代のものが発掘されたそうで、古代から信仰の対象だったようですね。

頂上に巨石といえば、北九州市の皿倉山も権現山も、中津の八面山も同じく。

北部九州だから何か関連があるのでしょうか。

別の道で山を降りていく

国玉神社上宮のところでしばし休憩を取り、鬼の石段ではなく違う道で求菩提山を下りていきます。

ここが前述した、豊前市公式ホームページにも記載されている「辰の口」。

寒い日には蒸気が見えるという岩穴。

今回は蒸気は残念ながら見えませんでした。

窟

五窟
山伏たちが籠り修行に励んだ場所で大日窟、普賢窟、多聞窟、吉祥窟、阿弥陀窟がその中心です。特に普賢窟は国宝に指定されている「銅板法華経」が納められていたといわれ、その岩の割れ目で耳を澄ますと今でも「ゴォー」という音が聞こえ、地元の人達の間では梵音と言い伝えられています。

https://www.city.buzen.lg.jp/kanko/shizen/kubote.html
豊前市公式ホームページ
 

五窟巡りをしながら歩いていきました。

この写真は大日窟。
平安時代後期に作られた木造大日如来坐像がこの窟に安置されていたとのことです。
像は求菩提資料館に今は安置されていて、間近で見ることができます。

求菩提山の岸壁

前日に雨が降っていたせいか、岩から水が滲み出て岩が濡れていました。

これ何?

長女も初めての登山、初めての山奥に興味津々。

ガイドさんがたくさん説明してくれました。

座主坊園地駐車場から求菩提山登山口へ

無事五窟巡りを終えて、夫と次女と待ち合わせている求菩提山登山口に歩いていきます。

求菩提山はほかにも見る場所、ゴマ場・禊場などあったのですが、初心者で登山開始の時間も考慮され、今回は短めのコースになりました。

それでも4時間はかかったと思います。

座主坊園地駐車場からも見所があります。

鬼石坊。鬼の手形が石組みに残っていると言われているようです。

構の石門

構の石門。

車一台は通れます。

ここが里と山の境界線だったようですが、ガイドさんによると、わりと自由に行き来できたそうです。

厳しそうなイメージを持っていたので意外でした。

石仏

石仏が並んでいます。

さすが修験の山。

子供の頃に行った高野山を思い出しました。

さらに進んで求菩提山登山口付近の空きスペースで家族を待ち、求菩提山登山を無事終えました。

本当にガイドさんのおかげ。

求菩提資料館リンク

求菩提資料館
http://kubote-historical-museum.com/

座主坊園地駐車場

〒828-0086 福岡県豊前市大字求菩提 Unnamed Road
(住所不明?詳しくは地図とGoogleの口コミをご覧ください)

撮影に使用したカメラ

このカメラは動画撮影をするために購入しましたが、その後動画はほぼ撮らなくなり…
動画の手ブレ防止機能不要+ズームがそれほどいらない→RX100M6で十分というレビューに納得。
(登山の時にズームはあると便利?)

でも動画を頻繁に作る時期はすごく助けられました。