webkoblog
(ウェブコブログ)
Web・ホームページ活用

基礎から学ぶGoogleマイビジネス

基礎から学ぶGoogleマイビジネス

「Googleマイビジネスのことを学びたい」と仕事でご要望を受けていて、自分自身がもっと深いところを学んでから講座を開こうと思っていました。

が、子供の心身の不調(今は元気になりました)で目標していたところまで調査が進まず、かといってご要望をそのまま放置するのも気が引けて、今お伝えできる段階までブログで公開することにしました。

Googleマイビジネスとは?

ひとことで言えば「Googleのサービス上にビジネス情報を表示し、管理するサービス」です。

スマホでお店の名前を検索したら表示されることが多いので、みなさんきっとGoogleマイビジネスのサービス名を分からなくても使っていることでしょう。

Googleマイビジネスで何ができる?

お店の最新情報や新規顧客を無料で呼び込むための情報を発信することができます。

Googleに表示される情報とは?

以下の画像をご覧ください。
Googleマイビジネスの情報がナレッジパネル内に表示されます。

Google検索/PCで表示される画面
Googleマップ/PCで表示される画面

Google検索/スマホで表示される画面

Googleマップ/スマホで表示される画面

上記のように、検索後、かなり大きく目立つ場所にお店の情報が表示されることが分かると思います。

Googleマイビジネスで情報を管理するメリットとは?

  1. オンラインに公開するビジネス情報を、最新・正確な状態に維持できる
  2. Googleマップでの掲載情報(インサイト)を取得できる
  3. ユーザーの口コミ投稿を集めるなど、ユーザーと交流ができる
  4. 新規顧客にアピールできる

たとえばWebサイトを持たなくても、マイビジネスだけで最新情報が発信できますし、ユーザーとの交流も可能です。
もちろんWebサイトのアドレスを設定してリンクし、閲覧してもらえるような動線作りも可能。

特に地域で商売をしている飲食店や美容院のようなサービスにはとても有益だと思います。

近くに●●のお店無いかな?と探されるような業種でしたら。

登録するにはどうしたら?

登録は3ステップ、「アクセス」→「登録」→「オーナー確認」の順に作業します。
まずはGoogleマイビジネスにアクセスしましょう。

Googleマイビジネス
http://www.google.com/intl/ja_jp/business/

自分の業種に近いカテゴリを入力しますが、私の場合は「Web担当者代行業」なのでその言葉を入力しようとしましたが、できませんでした。

日本語で入力できず、候補が出てくる言葉でしか入力できなかったのですが、全ての環境で同じとは限りませんのでご注意ください。
GoogleやFacebookなどのサービスはどんどん変化していますので。

入力するとカテゴリの候補が出てきますが、候補と一致する言葉でないと登録できませんのでご注意を。

私は「Web担当者代行」が候補に出てこなかったので「ウェブデザイナー」を入力しました。
(英語で入力すると英語のカテゴリが出てきたので『ウェブ』で打ち出したました)

ほかに「出張型」かどうか、デリバリーのように所在地以外で活動できる場所があるのかどうか、連絡先を入力する作業と続きます。

その後オーナー確認作業が。
Googleから送られてくるコードを登録したら、オーナー確認作業は終了です。

オーナー確認のポイント

オーナー確認について、「電話」での確認か、登録住所へハガキを送ってもらって確認する方法の二つがあります。
この時の「電話」については固定電話または携帯電話での登録になり、050のIP電話番号による確認は行えませんのでご注意ください。
050のIP電話番号で登録したい方は、時間がかかってもハガキによる認証のほうがよいかもしれません。(ただし050番号が必ずしも登録できるかどうは分かりません。登録情報はGoogleのチェックが入るため、変更できない、変更しても反映されないことがあるようです。私のクライアントの飲食店の方は050で登録できていましたが、他のサービス業では050で登録できなかったとの声も聞いています)

基本情報の登録

どんな情報を登録するのか?

  • 店舗の紹介
  • オーナー提供写真
  • 営業時間
  • ウェブサイトの連携

お客様に信頼してもらうためにも、営業時間や定休日などは正しい情報を登録し、変更があれば速やかに更新作業を行う必要があります。

提供写真についても、飲食店など、目で見て選ばれるようなサービスはとても大切なので、登録しておいたほうがよいと思います。

登録時の注意

カテゴリによって登録できる情報が異なります。
例えば飲食店の場合は現在Googleマップで「テイクアウト」「デリバリー」をフィルタリングする機能があり、Googleマイビジネスからその情報を登録することができるようになっています。
機能のアップデートも早いので、ご自身でどんな情報が登録できるのか、余裕があればぜひチェックしてみてください。

ウェブサイトの連携

「うちのお店はホームページが無いから登録できない…」と感じる方が多いかもしれませんが、instagramやFacebookページ、Twitter、ブログでも「URL」があれば登録できます

Googleマイビジネスにウェブサイトの項目を登録すると、クリックしてくれる人の数がアップしますので、ぜひ登録してみてください。

基礎から学ぶGoogleマイビジネスまとめ

以上で基本的なGoogleマイビジネスの情報の登録までお伝えしました。

私は以前Googleの公式セミナーでGoogleマイビジネスのセミナーを受講し、その時「ユーザーに親切な情報をいかに届けるかが大切」と講師の方が言っていた言葉そのままが大事だと思いました。

何かで関心を持って自分のお店を見つけてくれた人、見込み客の方に不便な思いをさせないためにはどうしたらいいのか。

どんなお客様におすすめなのかとか、こちらから発信することで、お互いのミスマッチも避けることができるのではないでしょうか。

今回の記事では基本的な登録のことをお伝えしましたがブログのような投稿、商品やサービスの価格などもGoogleマイビジネスで登録することができます

ただし機能はたくさんありますが、ポイントは続けられるかどうかも大切です。

例えば投稿をするなら、少しずつでもいいので継続しておいたほうが、お店がオープンし続けていることが閲覧者に理解してもらいやすいです。

ユーザーの口コミに対してお店側がコメントをすると印象はよくなりますが、常に最前の対応ができるのかどうか。
お店側の人手の問題もありますし、どこまでやれるかなどを考えて利用したほうが後で困ることが少ないでしょう。

肯定的な投稿ばかりではなく、ネガティブな投稿も出てくるでしょうから、それらの投稿に対してどんな対応をしていくのか。

どんな便利なツールであっても使いこなせるか、使い続けられるかが大切ですので、そのあたりを考えて運用されることをおすすめしています。

instagram・Googleマイビジネス連携の記事

以前noteで投稿していた記事です。
instagramと連携したい方はよろしければご覧ください。

ホームページを自作してみたい方は

ジンドゥークリエイターでパソコンが苦手な方でも作れるよう、手順を無料でお伝えしています。↓

簡単なのにちゃんと伝わるホームページの作り方
https://kotsu-kotsu.net/

ホームページを作る前に知っておきたい3つのこと
ジンドゥー(Jimdo)・Wixのユーザーの「これを知っておけばよかった」の声をまとめました。 A4サイズ47ページ分。
> 無料ダウンロードページ(STORESサイトが開きます)

スポンサーリンク