webkoblog
(ウェブコブログ)
北九州と周辺の観光・グルメ

「うきはの山茶」おいしくてギフトにも喜ばれた福岡の日本茶

「うきはの山茶」おいしくてギフトにも喜ばれた福岡の日本茶

以前訪れた福岡県のうきは市。

うきは市はインスタ映えスポットとして有名になった浮羽稲荷がある福岡県の南側、東は大分・日田との県境、南は八女市があります。

筑後川が流れ、南には耳納山地が広がる自然の恵が豊かな土地です。

うきはの山茶のお店

浮羽稲荷から道の駅方面に向かって走っていると、大きな古民家があり、看板も出ていました。

八女がお茶の産地であることは知っていたけど、うきはもお茶があるんだ!と立ち寄ることに。

お店の内装も、スタッフの方の雰囲気もよく、せっかくなので新茶を買って帰りました。

〒839-1408 福岡県うきは市浮羽町山北227−2
https://ukihanoyamacha.com/
https://www.facebook.com/ukihanoyamacha/

無農薬、やさしい味わいの緑茶

うきはの山茶(新茶)

お店の方に教わったようにお茶を入れてみると、「やさしい!」と感じました。

やわらかい、深みのある味わい。

どんな作り方をしているんだろうとホームページを見たらこんなことが書かれていました。

当園が無農薬有機栽培を初めたきっかけは、両親の体調不良でした。
それまでは一般的に農薬をして栽培をしていたのですが回数も多く、とても体調が悪くなっていました。
そのため、思い切って無農薬栽培に切り替えることにしたのです。
やってみたものの、みるみるうちに病害虫の被害に遭い、散々な茶園になりました。
出来た製品を出荷しても他の茶に比べ、見かけも悪く、安い価格でしか売れませんでした。
それでもと、品質の高さを維持するために、日々の草むしりも機械を使わずに手作業で行うことを続けるなど、
一度決めた事はやり通す強い意志を持ち続けると、茶の樹が徐々に答えてくれました。

https://ukihanoyamacha.com/policy

ご家族で苦労して無農薬有機栽培に。

土作りについても詳しく書かれていました。

印象的なパッケージ

美味しい味はもちろん、パッケージも素敵です。

日頃お茶をあまり飲まない世代にも喜んでもらえそう。

一度、初めましての方20代〜60代の大家族の方に手渡したら喜んでいただけました。
緑茶ならみんなで飲めるし栄養もあり、日持ちもするから、最近我が家のお土産の定番でもあります。

通信販売も可能

公式ホームページでも通販可能
https://ukihanoyamacha.com/

コロカル商店
アンアンやハナコを刊行するマガジンハウスのWebマガジン「colocal コロカル」と「リンベル」による、ご当地グルメや人気スイーツ、インテリアからキッチン用品、生活雑貨&工芸品まで全国からおすすめの逸品をお届けするネットショップ
http://ringbell.colocal.jp/products/detail.php?product_id=12038

うきはと言えばこのサイトも

うきは市に移住したい、うきは市で仕事したい、うきは市のこと知りたい、そんな人達のためのうきはのはなしウェブサイト「うきはのはなし」
https://ukihastorys.jp/

うきはの町、うきはのお店、うきはの農産物特産品など様々なことを、読みやすいコラムと共に知ることができます。

写真も文章も好きです。それに動画も。

うきはに訪れる方には見てもらいたいサイト。

我が家のグラスが無印になった理由