webkoblog
(ウェブコブログ)
趣味の写真・歴史

iPhoneSE(第二世代)で撮った写真たち、iPhone6の写真との違いメモ

iPhoneSE(第二世代)で撮った写真たち、iPhone6の写真との違いメモ

iPhoneSE(第二世代)、コストパフォーマンスのよい機種として人気がありますよね。

私も購入してよかったと思っています。

ソフトバンクから乗り換えしたのですがその時の記事は

最新のiPhoneSE購入、ソフトバンクからauに乗り換えメモ

iPhone6から最新のiPhoneSEに、乗り換えでお得に購入

noteとアメブロで説明しています。

この記事ではiPhoneSE(第二世代)ってどんな写真が撮れるかについてお伝えします。

iPhoneSE(第二世代)で撮った写真

風景をまずは3点。(全てGoogleフォトで簡単に仕上げはしています。)

本当は曇り。青空っぽく補正。
本当は曇り。青空っぽく補正。

食べ物。

静止画で、暗くない場所なら十分撮れるし、iPhoneSEのよいところは防水防塵機能がしっかりしていること。

自分の手持ちのカメラは雨の日は想定していなかったので、雨ならiPhoneSEで撮るしかないと最近気づきました。

また、遠いところ、中距離、食べ物のように接近して撮っても、全ての距離に対応できているので、一眼レフのようにレンズ変えなくていいからラクでした。

iPhone6との比較

iPhone6もわりと綺麗に撮れていたんですよね。

Twitterの写真アカウントで好評だった「資さんうどん」のかしわうどん。(美味しいです!)

SEとの違いが分かりにくいかもしれませんが、細かいところまでSEのほうが表現できているような…。

でもSEにはiPhone6と違って、ポートレートモードといって人物の背景を浮かび上がらせる機能がついたり、人物の肌がほどよく柔らかく写る気がしました。

まとめ

iPhoneSE(第二世代)の写真はいかがでしたでしょうか。

6からSE2、特別暗い場所や動く被写体を撮る場合がなければどちらでもわりといけるのかなぁと思いました。

逆にいえば、暗い場所・動く被写体撮りたい場合は上位機種のほうが撮りやすいのではないでしょうか。

ただしどんな機種であっても、簡単な補正でもいいので「色」の調整をしたらかなり写真のクオリティ上がる気がします。

撮ったそのままだと、照明によっては暗くなったり、影のところが暗すぎたりして、実際に見た時の印象のほうが写真よりいいなぁと思ったときは、フィルターや明るさ補正(シャドウ)を使ってみるとしっくりくるかも。

簡単にできるおすすめはGoogleフォトの自動補正、それだけでもかなり違うと思います。

プロの方に補正についてお尋ねしたら、「撮影5割、補正5割」と聞いたことがあって。それぐらい補正って大事ってことね!と自分のレベルでできることで取り入れています。