webkoblog
(ウェブコブログ)
Web・ホームページ

WordPressの公式テーマから有料テーマ「Godios.」に変更。他のテーマではなくGodios.に決めた理由。

ノートパソコンとマグカップの画像

8月の半ばに、久しぶりにWordpressでサイトを作成して1ヶ月。

サイト作成当初は公式テーマを使用していたものの、もう少し柔らかいデザインにしたいなと、他のテーマも探してみるとことにしました。

ネットで検索して色々調べた結果、自分に合いそうなのは有料テーマ「Godios.」。

どのテーマと比較していたのか、決めた理由などお伝えします。

重視したポイント

  • 読みやすさと自分が発信するコンテンツに違和感がないデザイン
    読みにくいとユーザーが感じさせたくなかったことと、雑記ブログなのでファッション・ホームページ作成・趣味の神社仏閣などかなりジャンルが広かったため。
  • カスタマイズしなくてよい完成したテーマ
    本業があるためカスタマイズにかける時間を抑えたい(完成されたテーマであること)こと
  • 日本語
    以前海外のテーマを使ったら、フォントの変更や字間の調整などに結局手間がかかったので、日本語対応のテーマがよかったこと

あまり重視しなかったポイント

  • SEO最強か
    →Googleが提唱している「コンテンツ イズ キング」。今後更にこの動きが強まるなら、システム的なところより、書き手・読み手の心地良さを重視しておけばよいのかと、そこはボチボチでいいかなって。
  • 無料であること
    10000円ぐらいなら予算をかけてもよかったので。
    無料〜10000円程度で考えていました。
    もちろん無料なら嬉しいですが…
  • カスタマイズできること
    むしろカスタマイズする時間が取りにくいと思ったので、カスタマイズしなくてもいいようなテーマにしたいと思いました。

Godios.と迷ったテーマ

SANGO

https://saruwakakun.design/

知っておきたい「暮らしの雑学」や「インターネットの知識」を分かりやすく解説するブログ「サルワカ」を運営している方が開発しているテーマ。

分かりやすく、柔らかいデザイン。

評判もとにかくよくて、予算内。

迷いに迷ったものの、自分には微妙にポップ過ぎる気がしました。

JIN

SEOにこだわりたい人に良さそうでした。

が、予算的に少しオーバー。

それとこのテーマを使うならカスタマイズした方がいいだろうな、と感じたこと。

2020/7/25追記

その後別の機会でJINのテーマを購入したことと、記事の量が増えてきたのでテーマをJINに変更しました。
カスタマイズは手間を抑えるためにほんの少しだけに。

Godios.に決めた理由

何かの記事でエンジニアの方がこの「Godios.」が信じられないぐらい速いって評していて、たしかに表示が速く。

読み手のことを考えたら大きなポイント。

行間や字と字の間もほどよく、様々なジャンルに合いそうで男性・女性、どちらでも違和感なく読んでもらえそうなデザイン。

速さと見た目(カスタマイズしなくて使える)、それと価格で決めました。

有料とはいっても¥4,980。

ブログは「まず半年続けるか、100記事投稿する」と言われているので、今の自分に一番しっくりきたGodios.でやってみることにして、もしまたもっとこうしたい!と気持ちが変わったら、最適なテーマを探したいと思います。

カスタマイズしたい!と真逆になることだってありますし。

また別の記事で、テーマを変更した時のトラブルについてメモを残すつもりです。