小さな会社やお店のWeb・IT活用

SONY デジタルスチルカメラ RX100M7 を予約してしまいました

SONY デジタルスチルカメラ RX100M7 を予約してしまいました

散々カメラの買い足しを迷いに迷って、今月末に新発売されるSONYデジタルスチルカメラ RX100M7をお盆前にカメラのキタムラで予約してしまいました…

この記事の目次

  1. SONY デジタルスチルカメラ RX100M7とは
  2. Canonのエントリー機 EOS Kiss x7からの買い替え検討
  3. RX100M7と迷ったカメラ
  4. 発売日を待つだけ

1.SONY デジタルスチルカメラ RX100M7とは

https://youtu.be/e_Cw5MeU2_g

ひとことで言えばソニーの“α9同等の高速・AF性能”の1型コンデジ”らしいです。

コンデジと思えば高い、でもα9同等の高速・AF性能を詰め込んだコンパクトなカメラと思えば…

2.Canonのエントリー機 EOS Kiss x7からの買い替え検討

ホームページを作る仕事をしてきて、予算がないお客さまのために写真撮影を始め、CanonのEOS kiss x2 → EOS kiss x7と買い足して来ました。

よく分からないけど一眼レフを買おうとヤマダ電機に行ってEOS kiss x2のダブルズームセットを勧められ購入。

数年経過後、今度はカメラのキタムラに行ったら、「仕事で使うなら代替機を持った方がいい。Webだけの撮影で動きの激しいものを撮らないのなら、カメラボディは同じシリーズの新しいのでいいから、レンズを揃えたほうがいい」と元カメラマンのスタッフさんからアドバイス。

そこでボディをkiss x7に、レンズだけは単焦点・マクロ・超広角と揃えました。

その後時代は変わり、静止画のニーズから動画のニーズが加わって、何とかEOS kiss x7で動画を撮っていたのですが、もっと高画質な写真や動画が撮りたい…と欲が出て再びカメラ探しの始まり。

用途を絞ってみたら

  • 屋内イベントの撮影あり→明るめレンズが欲しい
  • イベントだと場所が狭いから三脚が使いにくい→手ブレ抑制・レンズ交換なしで、ズームレンズが欲しい
  • 神社仏閣も撮りたい→三脚や一脚禁止のところも多いらしい(ほかの参拝客の邪魔になったり、苔に傷がついてしまうなど)
  • 動画も写真も撮りたい
  • 山を登っての撮影もありそう→軽くてコンパクトがいい
  • インタビュー動画撮るかもしれない→外部マイクが使えたほうがいい

このように、自分がしていること・したいことを合わせていったら、iPhoneが選択肢に出て来ました。

が、山にも行くのなら、携帯は連絡手段として取っていたい。

やはりカメラは別に持ちたい。

3.RX100M7と迷ったカメラ

最終的にRX100M7と迷ったのが二つのミラーレス一眼、一つ目は

パナソニック ミラーレス一眼カメラ ルミックス G8 標準ズームレンズキット 1600万画素 ブラック DMC-G8M-K

ズームレンズキットではなく、ボディだけ買って、明るめのズームレンズつけたらいいんじゃないかって。

コンデジより、こちらの方が今までのカメラ操作と同じだから…とかなり迷いました。

実際触っても使いやすかったし。

RX100M7と違うのは防塵・防水機能があったこと。

山に行くなら嬉しい!はず。

でも、今使っているEOS kiss x7より重いし大きい…

「自分の力では山に持って行くのは厳しいだろう」「悪天候で山には行かないか…」とRX100M7にしました。

ミラーレス一眼でもう一つ迷ったのがSONYのα6400。

これならボディだけ買って、明るいズームレンズつけてもギリギリのコンパクトか…と思ったら、手ブレ補正がなかった…

じゃあ手ブレ補正もある上のα6500かと思うも

撮りたい!と思う時にシャッターチャンス・動画撮影チャンスを逃したくなくて、「コンパクト」「レンズ交換しなくていいこと」を重視してRX100M7に。

4.発売日を待つだけ

持っていたカメラを下取りにも出したかったので、最寄りのカメラのキタムラで予約してきました。

バッテリーが二つもついたシューティンググリップキット。

まだ受け取り日の連絡が来てないから、本当に発売日に受け取れるのかが若干不安ですが。

発売日の30日の午後にお店に到着すると連絡がありました!

予約をしたのがお盆前、お盆もあっという間に過ぎて発売日はあと少しです。

今から何撮ろうかなって、とてもワクワク。