webkoblog
(ウェブコブログ)
北九州と周辺の観光・グルメ

田川市の道の駅 歓遊舎 ひこさん(英彦山)「麺処ふかくら庵」で子連れランチ

歓遊舎 ひこさん(英彦山)「麺処ふかくら庵」

先日天気のよい日に家族で英彦山まで行ってきました。

英彦山(ひこさん)とは

英彦山神宮(ひこさんじんぐう)は、福岡県添田町にある県内唯一の神宮です。三大修験道のひとつ、英彦山は、古来より神の山として信仰されてきた霊山で、今でも多くの方に崇敬されています


英彦山は、古来から神の山として信仰されていた霊山で、御祭神が天照大神(伊勢神宮)の御子、天忍穂耳命であることから「日の子の山」即ち「日子山」と呼ばれていました。
嵯峨天皇の弘仁10年(819年)詔(みことのり)によって「日子」の2文字を「彦」に改められ、次いで、霊元法皇、享保14年(1729年)には、院宣により「英」の1字を賜り「英彦山(ひこさん)」と改称され現在に至ってます。
英彦山は、中世以降、神の信仰に仏教が習合され、修験道の道場「英彦山権現様」として栄えましたが、明治維新の神仏分離令により英彦山神社となり、昭和50年6月24日、天皇陛下のお許しを得て、戦後、全国第三番目の「神宮」に改称され、英彦山神宮になっています。

http://hikosanjingu.or.jp/
 

英彦山神宮奉幣殿に行って、そこで遅めの昼食をいただくつもりだったのですが、以前は開いていた売店が閉まっていて、お参りや撮影を済ませた後、行きがけに通った道の駅 歓遊舎 ひこさんで食事をすることに。

麺処ふかくら庵 

テーブル席も、お座敷もあって子供用食器も完備。

ミニうどんもミニそばもあるし、子連れランチが気軽にできるお店です。

食券を先に買って渡すスタイル、私たちは食事でしたが、遅めだったのでソフトクリームだけ食べているお客様も多かったですね。

麺処ふかくら庵「カツ丼」

夫が頼んだカツ丼。

なんと大盛りが無料の680円でした。

「えっ、うまいよ、これ」

カツ丼好きの夫も納得の味でした。

麺処ふかくら庵「肉そば」

私が頼んだのは肉蕎麦。

実は以前もここで肉そばを食べていて、今回3回目。

出汁も美味しく、シャキシャキのネギも、出汁と蕎麦に合う牛肉も、バランスがとてもよく。

お出汁もほとんど飲み干しました。

次はネットでも高評価だった椎茸うどんor蕎麦も食べてみたいですね。

麺処ふかくら庵

https://tabelog.com/fukuoka/A4007/A400703/40029572/

関連記事

スポンサーリンク